結婚式の招待状 書き方に関するサイトです。結婚式 招待状 書き方のことを再確認しましょう。

 結婚式 招待状 書き方

  結婚式には色んなマナーがあります。
  結婚式 招待状 書き方にも、簡単なマナーがあります。
  とはいっても、それほど難しいものではありません。
  この機会に結婚式 招待状 書き方のマナーを身につけられてはいかがでしょうか。

| 結婚式 招待状 書き方TOP | サイトマップ | 相互リンク | リンクの注意  |

結婚式 招待状 書き方 返事は早く

結婚式 招待状 返事は早く

 結婚式の招待状が届いたら、招待状の返事は、なるべく早く行いましょう。招待状の返事は、早くもらえればそれだけ新郎新婦も祝福の気持ちが伝わって嬉しいものですし、なによりも、結婚式主催者側の段取りが早く都合をつけやすくなるからです。出欠の返事が早く届けば、それだけ出席者の人数、引き出物の数などを結婚式場に早く伝えることができます。
 したがって、結婚式の招待状を受け取ったら、なるべく早く返事を出しましょう。

結婚式 招待状は2〜3日、遅くとも一週間以内に!

 さて、結婚式の招待状ははやめに返信することが大切ということは分かってただけたとは思いますが、返信の期日ギリギリまで返事をしない、というのは絶対に避けましょう。「返信の期日さえ守ればよいのでは?」などという人もいるかもしれません。たしかにそのとおりなのですが、はがきをもらって3日以内くらいに出してあげると、主催者側も嬉しいものです。また、新郎新婦の二人に何か一言メッセージを伝えるスペースがあるかと思いますので、二人の結婚を祝福するようなメッセージを書いてあげましょう。
 また、文字は丁寧に書きましょう。汚い字で走り書きをしているのでは、いくら早くに招待状の返信をだしたとしても、祝福の気持ちも半減してしまいます。

出欠がわからない時の返事の仕方は?

仕事の都合やその他の事情で、結婚式当日は出席できるかどうか、わからない場合はどうするべきなのでしょうか?
結婚式の招待状をもらったけれども、すぐに出欠が決められない、という場合はまず前もって電話で先方に、「〜〜ごろまでにはわかると思うから」と伝えましょう。出欠の返信をせずに、だらだらと期日近くまでほうっておく、というのは失礼です。
 しかし、これが結婚式直前になるまでわからない、という場合は、直前のドタキャンになる可能性を考慮し、欠席にしたほうが無難かもしれません。

結婚式 マナー

結婚式 招待状 書き方  All Rights Reserved. 2007 lastaccess:2009/07/25