結婚式の招待状 書き方に関するサイトです。結婚式 招待状 書き方のことを再確認しましょう。

 結婚式 招待状 書き方

  結婚式には色んなマナーがあります。
  結婚式 招待状 書き方にも、簡単なマナーがあります。
  とはいっても、それほど難しいものではありません。
  この機会に結婚式 招待状 書き方のマナーを身につけられてはいかがでしょうか。

| 結婚式 招待状 書き方TOP | サイトマップ | 相互リンク | リンクの注意  |

結婚式 招待状 書き方 結婚式を欠席するとき

結婚式を欠席するとき

結婚式当日に、どうしても抜けられない仕事がある、他の用事、先約と重なっている・・・こんな場合もあるでしょう。こういった場合には返信用ハガキに欠席として送りましょう。

しかし、欠席をする場合であれば、電報をうつ、郵便局のレタックスを利用するなどして、結婚式当日には結婚式場へおめでという、という二人への祝福の気持ちを届けましょう。
また、通常であれば、招待状は早く返信するのが良い、と先ほど説明しましたが、欠席する場合、返信ハガキをすぐに返すよりも、少し間を空けてから出すべきです。招待状が届いてすぐに「欠席します」というハガキを返すのは失礼です。数日間、間を空けてだしましょう。

お祝いを忘れずに!

また、せっかく招待してもらったのにも関わらず欠席してしまうわけですから、やはり「気持ち」としてお祝いの品、またはお金を贈りましょう。金額は一万円くらいまでで良いでしょう。結婚式の1週間くらい前までには、二人の手元に届くようにしましょう。可能であれば、直接届けてにゆくと喜ばれます。

当日、急な用事で行けなくなったら

身内に不幸がおこったり、仕事の関係で、当日、どうしてもいけなくなったという場合も当然起こりえます。そういった場合は即座に主催者に連絡をいれます。新郎新婦、またはその家族と連絡を試みて、それが無理な場合は結婚式場に連絡をいれ、伝えてもらいましょう。後日、欠席のお詫びをすることを忘れずに!この場合は、披露宴の後、できるだけ早い時期にお祝いを持参します。また、身内の不幸、弔事と重なって欠席するのであれば、仕事や出張などといった理由にして、弔事であることは伝えないようにするのが普通です。
 もし、間に合うようであれば会場に祝電などをうちましょう。とはいえ、急にいけなくなった、ということには触れないで、二人を祝福する内容にするべきです。

結婚式 マナー

結婚式 招待状 書き方  All Rights Reserved. 2007 lastaccess:2009/07/25